So-net無料ブログ作成

BG~身辺警護人~ [ドラマ]

護るということは常に命の危険にさらされてるわけで、
護りきらねばは尋常ではない場に身を置いているわけでして。
だからロイドも万次も物悲しさがありましたけど、
今の木村拓哉が護るとなればそうか島崎章となるんだね。

銃なし武器なしの丸腰45歳新人民間ボディーガード。
過去にしてしまった何かを抱え、ボコボコにされ、民間を否定され。
新人ではないけれど、新人みたいなもので。
新人ではないからこそ、感じてしまう緊張や恐怖もある。

期待してたから信じてたからのリアルなセリフが胸に突き刺さります。
それが当たり前のところにいたけど、当たり前ではなくなり。慢心は人間の最大の敵か…。
裏切ったなんて思ってもないけど、思った人も確実に多数いたから今なわけで。
18日というせいもあったのか、いろんな想いがあったせいなのか、
そこを感じ取ってしまうとやっぱり感傷的な気持ちが起きてしまいますね。

でも、街角の寒空の下で警備してるときの表情は不思議と美しくあり、
そこに本質みたいなものがあったような気もしました。
たとえどこにいようと、何を言われようと、どんな扱いを受けようと、
棒っきれとなってもたいせつな何かに危険が及ばないよう護っているのだろう。

役は役で本人と別物であることがよいとされがちですけど、
役にその人と成りが滲み出てきてこそ伝わることもあると思います。
木村拓哉はそれがずば抜けてる役者ではないかな。
木村拓哉は木村拓哉として役を生きてこそ人物が生きるのです。

それを受け取るのはファンとして多少のしんどさはありますよ。
その分だけ受け取れる幸せも格別ではあります。
(自分に)負けてもいいんですと言いたいし、
それがいけないとも間違ってるとも全くもって思わない。
ただ、常に前線で戦い続ける姿はやはりかっこいいものだと憧れます。

とか、語ってみましたけど。
そんな木村拓哉はピンクのパーカーを可愛く着こなし、
ヒーハーと楽しそうに雄叫びをあげてしまいます。
皿が取れずにあたふたするぽやぽやなところがあります。そこが好き(笑)。

さて、ドラマですが面白かったです。
登場人物はこれから色々な顔が出てきそうな一癖ありそうな面々。
工くんは何きっかけで復帰する?まさか戻ってこないままとかないよね?
いいバディ(?)となってアクションしちゃう姿に期待です。
間宮くんがメインのときもあってほしいな。ぜひ書いてくださいませ井上由美子さん。
江口さんと上川さんの大人の男対決も楽しみ。これけっこうな楽しみ。宇梶さんも混ぜたいね。
でんでんさんは癒しで終わるのか実は何かあったら面白いのにな。
いちばんのツボったのは微妙な距離を取ってても父親と同じような髪型の息子っち(笑)。

民間ボディーガードの仕事っぷりを見ていくのも楽しみの1つになりそうです。
自分もキムタクのようにボディーガードになりたい〜!!!
そんな視聴者が出てきたらいいですよね。
何年か後に影響を受けてなりましたとワッツで聴けるかな。
菜々緒ちゃんのように車キキーって止めたい~!!!とかもあったりして(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

嘘とアライフ [ドラマ]

気持ちに気づいてやれよとイライラもしたこともあったな。
見るのがちょっと苦しいよと思うこともあったな。
何かを重ねてしまい泣くことも多かったな。

アライフの癒しは、井川先生と柴田さん(+沖田先生)のやりとり。
嘘戦はヒリヒリばかりだったけど、浩一と晃が呑むシーンはいっときの安らぎ。

どちらも最後まで飽きのこないドラマで面白かったし、
沖田一光と一ノ瀬浩一の人生の一部を垣間見る時間は楽しかった。
本当にあっという間だった。終わってみていつになくそんな気がした。


去って(去らざるを得なくて)、戻ってきて、また新たな気持ちで去る。
多くの人に影響を与え、自分とも向き合い、ちゃんと前を向いて。
また戻ってるくるかもしれない、また別のところへ行くかもしれない。
だって生きてるし、死んでないし、世界は広いですから。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

アライフ [ドラマ]

木村拓哉密着からのA LIFEぶっ続けの約2時間半。
もう寝ろという時間に見始めたけどそんなことすっかり忘れて見入った。
密着はもうやばいだろってぐらい泣きっぱなしに(苦笑)。

A LIFEは想像通りであり、裏切ってくれた感もあったかな。
エンタメ性のある医師が出てくるわけでも展開が起きるわけでもないんだけど、
リアルなある意味地味な一人の職人外科医・沖田が登場することによって
ざわざわし出した人たちの感情にずっと心がざわざわしっぱなしになってた。

沖田は決してスーパーヒーローなわけでも天才なわけでもないんだよね。
大丈夫と思ってても口にしてても不測の事態が起きることだってある。
それでも、できることを探し常に準備を怠らずにいたからこそ自分の腕を信じ挑んでいける。
結果を出す姿には説得力が伴っていくし、おごらず検証を忘れない姿には納得もいく。

見てるほうはその姿勢に終始問いかけられてる気がするんだよ。
あーしろこーしろと決して言われてるわけでもないのに、
この人に対し自分がどう見えるのかどう向き合いたいか気になってくる。

だから、卑屈になったり、悔しくなったり、腹が立ったり、情けなくなったり、
批判したり、否定したり、なるべく無関心を装おうとしてるけど動揺してたり。
見たくなかった自分のなかにある嘘にもだんだん気づいてくる。
一方で理解し共鳴する人も出てくるから、また心がざわざわしてしまう。

浅野さんはその心がざわざわしてる表現がほんとにうまい。
言葉がなくてもちょとした表情の変化や佇まいだけで伝わってくる。
深冬の背中越しに見せる表情がなんとも切なく悲しくなってしまったなぁ…。
ケンケンもいいね。井川は視聴者が一番重ねてしまうキャラなのかなと感じた。

木村くんはなんかもう余計なものをふるい落とし研ぎ澄ましてきたね。
沖田は時間をかけて積み重ねてきたから出逢えた役で、
今だからこそ演じられるんだろうな。
いつもどんな役もリアルだったけど今までよりはるかにリアルさがあったし、
言葉にはできない想いが年齢を感じさせる渋さや顔からも見えた。

沖田と木村くんの重なる部分が多かったせいもあるのかもしれない。
しょせん人間だからいろんな想いや言葉に何も感じないわけないし、
プレッシャーなのか野菜のせいかなのかはわからないけれどお腹も痛くなる。
だけど、いざ挑むと決めたら周りにいる人をチームを信頼して迷うことなく進んで行く。

木村くんの周りもいつもこんなにざわざわするんだろうなと想像しちゃった。
楽しい部分も多いだろうけど、しんどい部分も多いだろう(笑)。
だって、外科医ではないのに外科医であることを当たり前とするような人なんだから。
私も木村拓哉の一ファンとしてもうずーっとざわざわしっぱなしです…。

ここで出すのは違うかなと思うけどSMAPというチームも思い浮かんだよね。
そばでフォローしフォローされる吾郎ちゃん(仲良しコンビ)、
いつも素直に憧れてた剛くん(似てるところがたくさんある)、
日本一のかっこいい男がいることを誇りに思ってた慎吾くん(相手は天才と称える)、
対等に背中合わせで居続けた中居くんの凄さを木村くんを通して感じます。

木村くんや沖田を通して中居くんをやたら感じるのは気のせいかな?
はいはい気のせいですね。はいはいすみません。気のせいとしておきます(笑)。

さて、これからどう話が進んでいくのでしょうね。
深冬の病状が深刻だからといってすぐ手術してどーのこーのではないだろうし、
きっといろんな患者さんが登場してきてまたざわざわも起きてくのだろう。
私も心をざわざわさせながら楽しんでいきたいと思います。

主題歌はB'z。
なるほどそうきたかー!と思わず叫んでしまった。
確かにすごくてきっとたまらなく嬉しい援護射撃だろうね。



※彼らを攻撃する材料に使われてるみたいなので一部削除。
彼らのこんな関係が好きなんだよって言いたいだけなのにな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

 [ドラマ]

昨晩1日遅れで嘘の戦争見た。
おもしろかった。2時間あっという間だった。
一ノ瀬浩一の表情や雰囲気の変化には終始引き込まれてた。

相手の視点に立つと違って見えてくるよね。
飄々としてたり、気さくで親しみやすかったり、
得体が知れず怖かったり、胡散臭かったり、
どこか陰があったり、儚げで壊れそうだったり。
抑えきれない悔しさや怒りの感情には怖さと凄みがハンパなかった。

つかみどころがないといえばないのかもしれない。
明確な意思が見えてると言えば見えてる。
騙してるといえば騙してるけど。
嘘をついてないといえば確かに嘘はついてない。

息をするように嘘をつくのはそうしないと生きれなかったからで。
それが彼といえば彼だけど、本来の彼は彼にしかわからない。
そこを垣間見るのが美月ちゃん演じる楓なのか、希子ちゃん演じるハルカなのか。
どちらでもなく私(視聴者)だけでも全然いいですよ(笑)。

もしかしたら今見えている姿が嘘だって可能性がないわけでもない?
まぁそこまで含みのある脚本ではなかったか。
簡単すぎでしょってツッコミどころけっこう多かったもんね。
それを出演者の演技で押し切ってたところがあったね。

剛くんはほんと息をするように浩一になってた。すごいよなぁ。
この人は一体なんなんだ…とやっぱり考えてしまった。
どうやってスイッチ入れたりギアチェンジしたりしてるんだろうなと思ったけど、
そういえば自然に使い分けてると思ったこと過去けっこうあったっけねスマシプのときとか。
オーラのスイッチだけは入れないとダメみたいだけど(笑)。

そして、なんであんなにもかっこいいのだろうな。これいちばん思ったよ。
とくに、タイでのやや汚さにエロがにじみ出てる感じがたまんなくてギャー!となった。
ほんわかつよポンのどこにあの雰囲気があるのか不思議。もう恐ろしい。
あと、水に落ちる姿が美しかったね。

敵は市村さん演じる二科だけどそれだけじゃない何かしらもありそうな。
藤木さん相変わらずイケメン。いちばん次男が手強そう。
安田さん演じる長男がただのいい人だけなのか気になるところ。
もちろん視聴決定です。次週も楽しみです。

主題歌はないのね。
それでいい。それがいい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

特命指揮官 [ドラマ]

「ちょっと出掛けてた」で不覚にも笑ってしまった。
國井さんだけど走ったときは吾郎ちゃんだった。
自転車もそうだけど実像は別にして作り手が込みで考えてるのかとなと思いたくなる。
マイナスにはならないところが素晴らしい。

おもしろかった。続きが見たいね。
やっぱり死なないんだよ。絶対に死なないんだ。死なないんだ。
たとえ妄想でもそう思わせてくれる時間すらも楽しかった。

放送が決まって受け取ることができてよかった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

スペシャリスト [ドラマ]

いまは感想をあれこれ書く気力も体力もない。
お腹壊しちゃって。強いはずなのにな。精神的にやられたか(苦笑)。
でも、これだけは書いておきたいと思う。

メッセージしっかり受け取らせていただきました。
七高監督!ありがとうございます!
これからも草なぎ剛を宅間善人をよろしくお願いします!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

スペシャリスト4 [ドラマ]

仲間にいい影響を与える優秀な刑事でありながら、
犯罪者を呼び寄せてしまう危ういスペシャリストでもある。
そんな宅間が選んだ道は父親として家族をいちばんに大切にすること。
なのに最後の事件のつもりでいたなか起きてしまった悲劇がなんともせつなかった。
あぁ漣さんが連ドラに出ない…(回想とかはあるだろうけど)。

自分を気にかけてくれてた方を目の前で亡くすなんてね。それも最期の言葉あり。
それで辞めずに京都から東京への一歩を踏み出すことになったということか。
またきっといろいろあるだろうけど、あの能力と正義感で警視庁でも活躍してほしい。
謎の解明もしっかりとよろしくお願いします。
吹越さんは敵か味方か。明らかに一癖はありそうだね。

姉小路さんが相棒はどうやら変わりなし?
うれしいようなうれしくないようなどっちつかず(笑)。
仲間の2人も変わりなし、若手が2人加入。係長はまさかの栄転ですか?

宅間がだんだん剛くん化してきてるような。でも、違和感はない。
自分に近い役なんだろう。剛くんそんなことインタビューで言ってたっけ。
いい役にめぐりあったね。っていうか剛くん合ってるいい役が多い。
いい作品も多いね。スペシャリストほんとおもしろいから連ドラも楽しみです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

一千兆円の身代金 [ドラマ]

慎吾くんは謎めいた孤独な男がとてもよく似合う。
少女が握ってきた手を外さない優しさがせつなくて。同じく孤独な者同士だから思いが伝わってきたんだろうか閉じた目からは流れ出る涙がなんだか見えたような。
そのまま手を握ったまま眠った横顔が美しかった。

ナオトは悪いやつじゃないだろうとは思ってたけどそういうことでしたか。
誘拐の真相を知っていくうちにけっこう青いな~でも命がもうないとわかったらそんなことどうでもよくなるかな~革命とかやっちゃったりするもんかな~って頭の中でいろいろめぐった。
めぐりながらも革命係の革命に見入って自分が変われば相手も変わるってよくいうけどそんな簡単なことじゃないと思いつつも変えたいと願うのならまずは自分が動かないと始まらないかもしれないなと思った。
声を届けるだけでは変わらないこと確かに身に覚えがやまほどあるよね。

ドラマを観終えたら慎吾くんの俺はまだやれるの言葉の意味がよりわかったような気がした。
いろんなことやってきた慎吾くんですらそう思えるのなら自分なんてきっとまだまだたくさんあるだろう。

エンドロール(ラスト)でのほんとの2人のやりとりかわいくて好き。
子供相手なのになんだろうねあの色っぽさ。もっと出せる役をやりなさいよもったいない。
そういえば、シャワー浴びるサービスカットがあった。あれ、いらないでしょ(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

アイムホーム10終 [ドラマ]

あぁ~終わっちゃったのね。寂しすぎる。

社長はあっさり逮捕され、西田さんやっぱりそれほどブラックじゃなし、後輩くんも意外にいいやヤツ、いっけいさんはただ左遷されただけだったか。希ちゃんにいたっては必要?
ここまでひっぱったんだからもうちょっとつっこんで描いてもいいのになぁと思ったけど、そういえばこのドラマ最初から余分なことを省いての作りだった。そして、メインはホーム。そう思えばまぁこの程度でいいのかな。

十三営業部の仲間は自ら出頭したひーさんを助けるためにがんばったね。映画HEROで城西支部のメンバーが久利生さん&被害者(と婚約者)のために835人分の携帯を確認したときのことをなんとなく思い出したけど。検察庁が出てきたからかな。同じようにHEROが思わず浮かんでしまった人きっと多数だったはず。
もしや次は映画ですよと宣伝してくれたってことですか?

で、肝心の家路ファミリー。どうなるのかと心配してましたが、火事で家がダメになっても良雄と一緒につくった付録に似た家を実際に建てることができちゃいました。おめでとう!ダメ部署だから給料はずいぶんと安くなっただろうけど妻の実家は金持ちだからさすがっすね!ってそういうことじゃないよ(笑)。

恵はブッラクひーさんの素顔を感じて結婚。ちゃんと愛してだったのね。
でも、してみたら仕事人間でひとりはヤなくせに他人を信用できないからずっと仮面をかぶってるようなひーさんをつかめず相当に苦しい日々だっただろうね。コーチはそんな恵みの隙間に入り込もうとして失敗。リハビリにあれだけ付き合うんだもん離婚届を送っても愛してたのよ。
事故後のひーさんは恵がしたその同じ苦しみを体感してたともいえるんじゃないのかな。記憶がないという二重苦で。そして、同じように努力はしたけど乗り越えられず鍵を置いて家を出てしまうことになった。ホワイトひーさんになっても結局どうにもできず。ただ、ブラックひーさんだって決して愛してなかったわけじゃないのよ。DNA鑑定だって愛すれば故のことだし。

でも、最終話ですからね。苦しみぬいた先にはちゃんと神の救いあり。
ミッチー先生(DVDを見せる)+ブラックひーさん(過去の自分との対峙)+突発的な一大事(火事)という三位一体(←かなり無理矢理)という自らの力が及ばずにもたらされたことを通して、自分の素顔と向き合い家族とは?家とは?居場所とは?とあれこれ自問自答を繰り返しながら大切な存在が何かということを思い出し認識していくひーさん。なにげにいちばん背中を押したのは西田さんの言葉だったかもしれないが。最後は自らの力だけでつかみとりにいったことで、とうとう浄化され仮面がとれて2人は抱き合うことになったというわけです。

そんなふうに考えてみたら、ファンタジーっぽいと思ってたけどどっちかというと哲学のような宗教観のようなものを感じたかな。事故にあったことを神様からのプレゼント(思し召し)なんて書いたけど、いきなり白バックの精神世界に行ってブラックひーさんと対峙し始めるというやたらシュールな光景を見てたらあながち間違ってないのかもしれないと思えたもん。
まぁ考えれば考えるほど実はけっこう深いドラマですよね。だいぶ考え過ぎかもしれませんが。

仮面がとれていく様はややホラー入ってるなと思いましたけどいいシーンでした。
泣き笑いひーさん&恵に完全なるもらい泣き笑い。いやぁ2人共めちゃくちゃいい表情だった。
木村くんはほんとにすばらしかったね。愛を表現させたらやっぱり右に出る者なんて誰一人いませんよ。またラブストーリーやってとファンが言いそうだな。個人的には他を希望(笑)。
テレ朝さんまたいつかよろしくお願いいたしますね。待ってます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

アイムホーム9 [ドラマ]

初回と最終回間近にやたら仕事が忙しくなる。木村くんのドラマのときはなぜかいつもそう。ほんと勘弁だわ…。


うんうんおもしろかった。やっぱり七高劇場がいい。
ひーさんの感情も登場人物の感情もちゃんと伝わってくる。そうだよなぁって納得できる。コミカルなシーンもちゃんと生きるし、シリアスなシーンはより心にズシッ、謎めいたシーンはもうドキドキ。変に過剰でもなく不足でもないちょうどいい塩梅で話が進んでいくから、見てて時間がたつのもほんと早い。
できればずっと七高監督に撮ってほしかったな。そのひーさんを追いたかった。同じだと統一感も出るしね。でも、連ドラだとだいたいが複数よね。まぁしかたなし。

ひーさんが元妻&すばるちゃんの元へ行ってしまう展開か!?と思ってら違ったね。
そうなったらイヤだなぁ~って見はじめたのよ先週のイライラのまま(笑)。でも、だんだんともうこのまま家族に戻っちゃえばいいじゃんよ!って泣きそうになってた。すばるちゃんが大人だったから、いろいろガマンしてきたんだろうなぁとか考えちゃったし。
病室で作業してる3人と元妻の涙。もうたまんなかった。たらればを言ってもしかたがないけど、いまのひーさんなら全然上手くやってけただろうにね。

でも、ひーさんにとって心を残してても元妻は元妻。それでよかったなと思った。いい部分も悪い部分もよく知っててある程度の距離ができたからこそ本音の部分を話す事ができたし聞いてももらえた。大ケガしてからなかなかそういう相手がいなかったからしんどかったよね。
それに、仮面なんてみんなかぶってる&全部とる必要はないとの助言も。ずいぶんと心が軽くなったんじゃないのかな。ナレーションからもちゃんと伝わってきた。ひーさんの落ち着いた低い声が大好きだな。

そしてとうとう、さようなら。鍵はずいぶん前に返してるのにここまでが長すぎだよ(笑)。
ちょっとさみしげに見えたかな。でも、自分の帰る場所は違うんだってわかってる顔してた。それでこそ苦悩しながらも前に進んできたひーさんです。ステキだった。
男同士の背中に一礼もよかったね。挨拶も自己紹介もないけど同じ女性を好きになったわけだからなんかわかるものがあるんだろう。
元妻&すばるちゃんはスッキリした表情。ひーさんとくらべるとね。こういうときやっぱり女はひきずらないし強いよなぁとしみじみでした。

元妻にさよならはできたけど、現妻との関係は重苦しさが増し増し。壊れた家を修復しながらさらにぶっちゃけ合う夫婦って(苦笑)。
最終章にきてそれも最後にたたみかけてきましたね。離婚届は恵から送っただの、夫婦揃って顔が仮面に見えるだの。ひーさんの顔にも仮面。自分の顔にまさかの仮面。やっぱり叩くと音がなるのかしら。
告白するときのひーさんの顔がリアルに迫ってたなぁ。ジョーダンじゃなく仮面に見える妻と日々過ごしてるんだなとゾクッ。木村くんうますぎ。
いろんな意味でほんとに仮面夫婦だったってわけか。僕もパパとママが仮面に見える!とかもしかしたらそのうち良雄も言い出してたかも…。ってそれもおもしろそうね。

恵はいつ頃からひーさんの顔が仮面に(表情がわからなく)見えてたんだろう。離婚届を送ったときにはすでにそうだったなら、大ケガ後はよそよそしかったのにホワイトになったひーさんを感じていくうちにだんだんと不自然さが減っていったのもなんだか腑に落ちる。
ひーさんが仮面の恵が笑ってるように見えたように、恵も同じように見えてたことがあったりしたのかな。恵も修復しようとがんばってたんだなと思ったらとってもせつなくなった。
お互いに仮面が取れる日がくるのだろうか。もう次は最終回なんですけどね。倦怠期を乗り切るには、なんでこの人と結婚したかを思い出すこと。思い出せるといいね。

会社で起きてたのは巨額損失隠し。それを追いかけようとしちゃったせいで第十三営業部はバラバラに。気づかれた途端に動きが早い。ただ、西田さんはほんとにブラックなのかな。最初はそうだったとしても、今はひーさんを守ろうとしてるとも考えられなくはないよね。
ひーさんだってどこまでどういう形で関わってるのか。それほどブラックじゃないよね…を見てきたから今回の件もそうなんじゃないのかなぁとどうしても想像してしまう。

予告だとひーさんブラックに逆戻り?願ってたけどこれもなんかない気がするんだよなぁ。いつものようにうっかりやっちゃったならおかしくない気がする。わざとフリをするんじゃない?弟に執拗に嫌がらせをしてきた男と向き合ったときみたいに。
今度は沢村さん演じる社長にオドオドなしで向かっていくのよきっと。昔の記憶がもし戻ってたら十分にできるはず。でも、一人じゃなくて十三営業部の仲間と共に。なんか木村くんのドラマっぽいでしょ?(笑)。うまくいったらいつものあの曲ね!

さぁとうとう次週は最終回。拡大スペシャル。
願った通り予想した通りになるでしょうかね。それより、謎は回収しきれるのかしら。トレジャーランドはされそうなんでよかった。さみしさありつつですが、楽しみに待っとります。
良雄のパパLOVEがどうか届きますように…。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能