So-net無料ブログ作成
検索選択

無限の住人 [映画]

無限の住人のジャパンプレミア行ってきました。

なんと2枚も当てました。びっくり。
若い子にしか当たらないかとちょっと思ってた(笑)。

mugeninJP.jpg

どちらもテレビ誌ではない雑誌です。
地道にコツコツとはがき職人を続けてた成果ですかね。
それとも今年は大吉だからくじ運がいいのかな。

でも、仕事があったので早くは並べずで3階席。
いえいえ入れただけで十分です。


まずは映画上映の前に舞台挨拶。
幕が上がって階段の上に監督&キャストが登場。
木村くんが目に入る前からもう涙が込み上げてしまってこらえるのに必死に。
だって、泣くと見えなくなるから。晴れ舞台をちゃんと見たいから。

顔を見てあぁ木村くんが本当にいるんだ生きてるんだなと実感して、
同じ場にいま一緒にいると思ったら嬉しくて震えた。

最初は気を引き締めてるのか緊張してるのか堅めな表情もあったけれど、
市原くんのハイエナ動画話や満島くんの待ち受け画面話のとき会場に笑いが起きると、
ニヤッとしたりを話に入ったりして少しずつほぐれていってる感じがしたかな。
3階席まではあまり目を向けてはくれなかった。そこまでの余裕はなかったのかも。

一度退出してマスコミ向けの写真撮影。最初は木村くん抜きで。
ネットに写真を上げられないからですよね?それ用ですよね?
主役がいないってなんかおかしいことです。カンヌでも同じようにするのかな。
いい加減そろそろそれやめませんか?誰かさんたち切にお願いします。
木村くんも戻ってきたとき、走ってだったのはらしかった。

舞台挨拶が終わると帰る方がちらほら。作品はどこかですでに受け取ってるのかな。
電車の時間などあるのかもしれないけど、それはやっぱり失礼だと思う。
(帰るのではなくトイレに行った方はたくさんいた。私の前の席の方は戻ってこなかった…)

上映が終了すると、観客から惜しみない拍手。思わずうるっ。
すると、木村くんが三池監督&花ちゃんと一緒にサプライズで再び登場。
東京だから時間の制限もないしなんとなく最後にまた出てくるような気はしてたけど。
木村拓哉は受け取ってくれてる人の反応を見ずに帰りたいと思うような人ではないからね。

これには嬉しくてたまらなかった。涙はもうこらえきれるわけないじゃないドバーッ。
でも、この場をしっかり目に焼き付けないともったいないから必死で拭ってまたこらえ直した。
木村くんは最初のときより少し砕けた感じになりたくさん話もしてくれて、
ちらちら2階3階まで目を向けられるようにもなってた。
一緒に見て反応を受け取れたことを嬉しそうにしてるのがよく伝わってきた。
笑顔がとてもステキでね。やっぱり木村くんの笑顔は最高です。

帰ろうと短パンに履き替えてたのに木村くんから出ようってことで、
そのまま登場することになってしまった三池監督には笑った。
すぐ気が付いたんですよね。監督のスニーカーがかわいくて足元をよく見てたから。
スニーカーに赤い星がありました。深い意味はとくにないとは思います(笑)。


※ズバリな内容のネタバレはしないようにしたつもりですが、これから楽しまれる方はご注意ください

映画はおもしろかったです。
2時間半ぐらい?長さを感じずあっという間。

万次は木村拓哉であり木村拓哉は万次でした。
人を愛して情に厚くて、ぶっきらぼうに見えても実は優しい。意外と弱いはどうかな(笑)。
相当な痛みを感じるにもかかわらず捨てることを選ばず護り生きようとした万次は木村拓哉で、
どこにも向けようがなかったエネルギーをぶった斬ることによって発散し存在証明をしていく木村拓哉は万次。
好きでそうなったわけではない…それでも…だから…重なっていく(私の勝手ですけどね)。

そう思って見てると心に響くセリフがいくつかあったし、
花ちゃん演じる凛の置き手紙には自然と涙がこぼれてしまった。

木村拓哉は木村拓哉って決まり切ったことしか言えない奴らがまたいつものように、
うじゃうじゃ出てきたとしてもそれでいんじゃね?とすらなんか思えた。
そんな言葉があったとしても万次を生きた木村拓哉が色褪せることなんてまるでないだろう。
スクリーンで放たれる万次と木村拓哉のこの上ないほどの美しさと魅力を存分に味わって、
いろんな意味で悶えやがれコノヤロー(先に言っとく)。

でも、だからといって木村拓哉のプロモーション映画では全くないですよ。
三池組による木村拓哉が主役のほんとにズバリのぶった斬りエンタテイメント。
木村拓哉のファンは文句なく楽しめるだろうし、そうじゃない人も全然楽しめると思う。

グロさは思ってたよりなかったんじゃないかな。
三池監督が木村拓哉のエネルギーに引っ張られたか?と感じた。
私はグロさどんとこーいなタイプなのでそこはあまり参考にしないでほしいけども、
里見八犬伝が問題ないならまぁいけるんじゃないかなーとは思う。
一緒に観た方はぐさぐさぐちゃぐちゃびちゃびちゃにやや疲れたとのこと…。

笑いはところどころあり。狙ってるのかはわからない。
そんなところで飯を食い始める?な田中泯さんと、
自分の一部をめんどくさがりながら引き寄せる万次にツボった。

いろんな相手が次々と出てきて万次が殺し合いをしていくなかで、
いちばんこれはいいねぇと思ったのは海老蔵さんとですかね。
2人の間にはにもうなんだかえらくエロチシズムが漂っててドキドキしまくった。
こんな言い方がいいのかわからないけどまるでセックスしてるみたいなー。
2人にしかわからない痛みと快感を味わってる姿を見てしまったような衝撃が走った。

そして、凛を護るために万次が大勢&天津と繰り広げるぶった斬りの大一番は本当に凄かった。
なにがってもう万次の眼。木村拓哉の眼。
始まる前、天津に対して、ラスト。眼が強烈に心に焼きついてくる。
目は口ほどに物を言うって言うけど木村拓哉ほど体現できる人はいないでしょうね。

正直あまり興味がなかったんですけど、福士くんがなかなかよかった。
汗ひとつかかない冷ややかさがあり舞い踊るかのようにぶった斬っていく天津影久。
汚く血まみれになるしかない万次とはまた違う美しさを楽しめた。
爽やかな役ばかりではなく癖のある役をもっとやってほしいしもっと見てみたくなった。

女性陣はみんな美しい。沙村さん原作と考えればやや物足りなさはあるのかもね(凜除く)。
栗山ちゃんがもっと見たかったな。金髪が似合っててとても素敵だったから。
それぞれもう少し焦点を当てて描ければよかったのにーと思ったけど、
そうすると時間内にはきっと収まりきらないでしょうね。

こうやって書いてくとぶった斬りしかないように思われるかもしれないけどそんなことはない。
何が善で悪なのか立場によって違ってしまうこともあるとだんだん見えてきて、
自分がその立場になったらどうなんだろうなと考えてしまうこともあった。
凛の叫ぶ姿を通して自分の中でいつも振り子のように揺れてたあることも思い出したし、
スピード感あるぶった斬りがあるからこそふとした瞬間にその問題がじわじわくる。

生きるってけっこうめんどくせぇことなんだなぁと思いながらも、
それでもまだ一緒にいられるならめんどくせぇも全然悪くないことだよねぇ。
見終わった後、万次と凜の物語を通してそんなことを思った。

まだまだ頑張って生きてかないといけませんね。
痛くても辛くても苦しくても。それをも超える何かがそこにあるなら…。

私は無限の住人をそんな感じに全身で受け取った。
ムダにダラダラと書いてしまったけど多少なりとも伝わってたら幸いです。
みなさんも劇場へ足を運んで感じてほしいです。
公開は4月29日(土・祝)。ぜひ。


(追記)
mugeninJP2.jpg
ハガキと交換のチケット、チラシなどと一緒にもらったシール。
nice!(0)  コメント(0) 

少女 [映画]

syojo2.jpg

パンフは、表が翼ちゃんで裏が美月ちゃん。

初日の1回目で観てきた。
確かに万人受けする内容ではないのかな。
私は好き。おもしろかった。



少女が残酷なのはそれを大人が汚すからなのか。
大人が少女という特有の美しさに嫉妬と羨望を抱くからなのか。
でも、それらを傷つけるのはより残酷で無垢な子供だったり。
そんな子供を受け入れるのは大人の愛と優しさでもある。

人は罪をおかす生き物でちょっとした歯車のズレで人生は狂っていく。
いとも簡単に闇という渦に引きずり込まれ、
いとも簡単に様々な人々が因果応報を繰返していく。

でも、人と人との出会いで見えてくる光もある。
どんな小さな点と点でもどこかで繋がっていき、闇から解放され笑顔を取り戻すこともある。
理不尽でも受け入れ生きていくからこそ新たな世界も広がっていく。

SMAPを重ねて感じてしまうこともあった。
それは自分がSMAPファンだからかもしれないし、吾郎ちゃんが好きだからかもしれないけど。
吾郎ちゃんか演じた高雄さんのある台詞が心に突き刺さった。
誰かさんが笑いの中に交えて言いそうだなと、
それを引きずったまま観てたらその後の展開で涙。

繋いだ手はやっぱり離したくないと思った。
ときに悩み迷い間違うことがあったとしても。
その手から出る熱い想いは諦めなければきっと伝わる。
暗く沈んだ夜が終わり、一緒に大笑いできるときがきますように…。

でも、見終わって夜からの解放なんてないのかもしれないと怖くなったな。
温かい風は感じるけれど、どこかヒヤッとを残す終わり方。
人間の一生は常にヨルの綱わたり。
戦いながらずっと生きてくのだろうみな人間は。

どこか神秘的で危うい時を生きる少女を主人公に描くからこそ、
闇の過酷さと生きる力強さがよりセンセーショナルに伝わってきた。
2組の少女たちの対比はどちらにも転ぶ可能性がある現実を突きつけてくる。
沈んでいく靴がとても印象的だった。
nice!(1)  コメント(0) 

ギャラクシー街道 [映画]

galaxy.jpg


おもしろかった。笑った笑った。でも、感動もあった。感動というか、観終わった後にほっこりした気持ちになった。
慎吾くんが「感動なし笑いだけ」と言ってたけど、そんなこともない。まぁそう思わせといて実際に見たら…がねらいだったみたいだけどそれホントかよ(笑)。
あと、ズバリじゃないけどエロティック。鼻が高いのはあの意味もあるのかな?(笑)。頭の皮膚をなでなでしての慎吾くんの恍惚な表情はナイスだった。
指と指でするのね…。簡単だから私も慎吾くんと合わせたいなぁと思った。思ってたら舞台挨拶でやってくれた。中継でもうれしかった(笑)。さすがファンの想いをよくわかってる人。

慎吾くん演じるノアは、見た目は渋くてかっこよくて(私はあの感じ好き)落ち着いてる感じにしてるけど、中身はうだうだしててけっこう女々しくてやや泣き虫な男。等身大の自分を上手く重ね合わせて演じてたと思う。
周りはあんな奇想天外なキャラだらけだし、お相手のはるかちゃんは無邪気な役だから、抑えてるのはきっとたいへんだっただろうね。でも、顔芸のときはさすがだった。別れる理由になるほどの衝撃がすしさまじく伝わってきて笑った。

始まってしばらくはやや単調だった気もしたかな。セットだけやけに壮大なコント風な感じもあってこれいつまで続く?とか正直思ったところも。
でも、ギャラクシー街道にひっそりあるハンバーガーショップに訪れた人々によって起こされるいくつかの出来事がしだいにつながり出すと、そうきたか!が次々と起きて笑いどころが盛りだくさん。
なんだかやけに気の毒なことばかり続く小栗くん演じるハトヤ隊員(キャプテンソックス)と、遠藤さんが産んだ成長の早すぎる子供にはツボった。大勢でのヤジも楽しい。まんまの抜け殻にはヒィ〜!
段田安則さん好きなんで出てくると笑いに関係なくテンション上がった。
そして、ラストに向かっては慎吾くん演じるノアが男気あるところを見せて、はるかちゃん演じるノエと共に夫婦仲よく笑顔に。西川くんの素晴らしい歌声という相乗効果も手伝って、ハンバーガーを食べるノエが(途中に出てきたときよりもさらに)かわいかった!それを眺めるノアがステキだった!愛する人がいて気持ちが通じるっていいね!とほっこりだった。

しのぶさん演じるハンバーガーショップのパートさんはけっこう重要なポイントじゃないかな。転がってきたものを外にポイしたり(それがいいか悪いかはひとまず置いときましょう。そうしないとこの映画は楽しめない)、宇宙でダメならどこへ行っても~な発言したり。
うだうだしてたノアが自信をもつきっかけにもなっただろうし、発言を拝借して背中を押したノエの想いもノアの心に響いてた。
相当に生きてきたっぽい宇宙人なだけあってやる気ない感じにはしてたけど、実は周りがよく見えてるんだろう。かなりナイスなアシストぶり。

確かに逃げたってまた同じことの繰り返しなのよね。それは地球だろうが宇宙だろうが変わらない。でも、あれだけ個性ある宇宙人がたくさんいるなかで、叶えた夢をずっと続けられたら相当の成功になると思う。ノアノエ夫婦にはがんばってもらいたいね。

いましんどい日々を送ってたり嫌なことがあったりしても、こうやって奇跡が重なってその結果なんか光明がさしてくることだってないとは限らないよなぁと見ながら思ったりもした。
うだうだ言ってないでそこでやり遂げてみたらどうよ。そんな背中を押してくれる映画にも意外となってるんじゃないかな。
nice!(0)  コメント(0) 

巨人 [映画]

朝一で進撃ってきた。HERO行け!って木村ファン総つっこみだろう(笑)。
予告に剛くんいたよ。一瞬だけど。銀縁のメガネで横顔。声はしっかり聞こえた。
ファンや予告に誰かが映ると知ってないと気づくのは難しいかもしれないね。残像で???となるぐらいかも。
原作を読んだことがあれば何役かはもしや?と想像できると思う。でも、けっこう重要な人物なのに前編では全く触れられてないためなんともいえない(エレンが質問されて答えるシーンはあったが)。違う可能性もある。


SMAPファンのなかに進撃の巨人に興味のある方がいるとはあまり思えないが、観たので一応感想。ネタバレあり。

実写化にはありがちなことだけど別物だと考えて見たほうがいい。設定が違う(ミカサの人物像はファンならやや心構えが必要)ので楽しみたいという気持ちが少しでもあるのならあまりこだわるのはやめたほうがいい。別物と思えばそれなりには楽しめると思う。
それでも、意味ありげなミカサとシキシマ(新キャラ)を見てエレンが喚き叫び嫉妬で戦士として目覚めていくという男女のことで主人公を描こうとする浅はかさは正直どうよだった。原作のままのほうがエレンの熱量や憎しみが伝わってよかっただろうにと思うと残念かな。
ただ、漫画じゃなく実写なので戦場でエロが描かれることに関してはべつに正しいと思う。古代さんだってそうだったし(苦笑)。

アルミンとハンジはよかったね。アルミンかわいかった。ハンジはかなり似せてたけど逆にそのせいで浮いてるように見えちゃってさとみちゃんちょっと気の毒な気がした。長谷川さん演じたシキシマもやや浮いてた(←戦場で林檎食ってたらそりゃあ浮くよ)からうまく分散できてた気もする。

特撮映画だと思えばけっこうおもしろい作品になってるかな。実写でやったらと想像したらきっとあんなもんで十分なぐらいだろう。巨人がゴジラかウルトラマンかって感じよね。最初の巨人と巨人化エレンの出現するところはうおぉ〜出てきた〜!!と感動(←表現が正しくないかもしれないが)があった。
音楽で迫力をあおってく感じ(ゴジラでいえばテレレンテレレンのあの感じ)はわかるんだけどちょっとうるさかった。印象に残るほどの曲もなかった。

エグさグロさは非現実と思えば自分は全然平気だしまぁ好きなんで(笑)べつにフツーに見られた。巨人は気持ち悪いのもいるけどこんな人いるよなぁと思ったらちょっと笑っちゃうしね。でも、苦手な人は絶対にムリなレベルかもしれない。予告目当てならやめといたほうがいいよ。

個人的には剛くん関係なく後編も見たいと思った。楽しみです。
nice!(0)  コメント(0) 

HERO劇場版2015(追記あり) [映画]

おもしろかったです。ほんとひじょーにおもしろかった。
危険な目にあっても諦めずにとにかくできることを探して少しずつでも前に進もうとする久利生さん、その変わらない姿勢や想いや信念に共鳴し共有して助けになろうと奮闘する事務官の麻木をはじめとする城西支部メンバー&次席(←牛丸次席を入れ忘れましたすみません)、そして、そこに加わる検事となって登場の雨宮。
映画らしい大きな壁はありながらも、そんな検事&事務官たちの地道な仕事っぷりとコメディ感が満載のチームワークっぷりがきっちり描かれてたところとてもよかったです。
それほんといちばん大事なことよね。だってそれがHEROだもの。その点では、映画版は前作より今作が好きだな。

久利生さん&雨宮コンビはやっぱり最高だったね。やりとりを見ながらコレなんだよコレって格別に思ったし幸せな気持ちになった。
それなのに別々で存在できる場所がいまはあるという事実。お互いに検事なわけだから昔とは違うとわかっててもやっぱりせつなかった。雨宮が麻木に伝えた言葉からは、せつなさと同時に前に進んだんだなといううれしさも入り交じってなんか複雑だった。

今作での2人の決着のつけ方は、賛否両論あるんだろうね。
見る前は思い描いてたストーリー(ハッピーエンド)がもちろんあった。でも、見たあとはどれが正解なのか正直よくわからなくなったかな。
ラブストーリーではないからあの距離感でいいんだと思ったり、やっぱりもっとベタにくっつく展開でもいいのに思ったり、前作ラストの描き方が逆に変なのかもねと思ったり。
ただ、連ドラのシーズン2が始まってからずっとモヤモヤしてた気持ちはふっとんだ気がする。あれだけ女っ気のない人が雨宮にはチューしたのよねって思えるようにはなった。
それは、久利生さんは久利生さんだった…雨宮がそう言ってくれたからだと思う。だったら久利生さんの雨宮への想いだってきっとブレてないはずさ。

(追記)
ネタバレすぎるからと思ったけど、もし続編がつくられたときにどう感じてたか読み直したくなる気がしたので書いておくことにします。

久利生さんの背中はそう簡単には見えてこないだろうに、それでもあえてした雨宮の決断は、堅くて真面目ちゃんな雨宮らしい。仕事と恋愛をバランスよくどっちもはできないんだろう。
同世代の働く女の立場から見たら潔くてかっこいくもあるし、わかるよと思うところもある。私にはそういう男性はいないけど、木村拓哉という人が近い存在ともいえるかな。向き合うことがもしあったとしたら、同じ目線に立てる自分でありたいよね。まぁ到底難しいことだけど。
もし続編がつくられるとしたら…
どれだけ先になるかわからないけど、がんばってきたであろう雨宮を久利生さんが受けとめて幸せにしてあげてほしいね。久利生さんには、背後に少しでも雨宮の気配を感じたときに自らあの並木道へ行って待ちかまえるぐらいしてもらいたい。それぐらいしてくれよ(笑)。
いつか2人に同じ一歩を踏み出すときがくると信じたい。



中継は2回とも見ました。木村くんかっこよかったしめちゃめちゃ楽しかった。
とくに2回目は笑ったな。マスコミが入ってないせいもあったんだろうけど、みんな1回目よりリラックスしてる感じもあったしね。マイペースなこひさん話は最高だった。
あと、木村くんが声マネをやって(やらされて)自分にダメ出ししてるところがかわいかった。黒いからわかりにくかったけど、なんとなく顔赤くなってた気がしたよ。


HERO THE TVはまだ全部見てない。でも、デートの部分だけは帰ってきて速攻で確認した。そして、速攻で死んだ(笑)。
木村くん&お松(おたか)さんが大好きだからね。あんなことされたらもうたまらんよ。
HEROやラブジェネより好きな作品はあっても、この2人より勝る2人は永遠に出てこないと思ってるの。それぐらい私にとって最強のコンビなの。
だから、またいつかの共演を楽しみにしてる。絶対にしてほしい。できればHEROじゃなくて新しい作品を見たいかな(もちろんHEROでもいいけど)。夫婦役を希望するよ。
nice!(0)  コメント(0)